「脱毛」と「永久脱毛」って違うもの!?脱毛の違いを教えます

「何とかして無駄毛を無くしたい」そんな思いを持っている方は多いのではないでしょうか?毎日の脱毛にかかる時間が無くなったらどんなにいいかと悩んで、サロンやクリニック、自宅で使う脱毛機器を調べて試している方は実にたくさんいます。この記事ではどうすれば脱毛を有効にできるのかを紹介していきたいと思います。

そもそもサロンでの脱毛とクリニックでの脱毛とでは違いがあります

無駄毛を永久脱毛したいと思っている方で、クリニックはどうしても高額になるからとサロンでしようと思っている方がよくいます。これ、正確にはできないんです。この事を知らずにサロンへ行って脱毛してもらい、少したって毛が生えてきてショックを受ける方がいます。実は、サロンが行っている脱毛は、厳密には減毛と言うんです。毛が生える力を弱らせる行為なので、毛はどうしても生えてきます。
一方のクリニックの脱毛は、毛根を破壊してしまうので永久に生えなくできます。この毛根を破壊する行為は医師でないとできませんので、サロンではできません。この事を知らずに永久脱毛しようとサロンに通う方をたまに見かけますが、この事をしっかりと理解したうえでサロンに通うかクリニックへ行くかを考えなければなりません。

金額や痛み有無も考えて選択を

では、永久脱毛するためにはクリニックへ行くしかないと思うかもしれませんが、行く前にもう少しクリニックを理解してください。クリニックで行う脱毛は金額が高いのはご存知と思いますし、効果が高いのも紹介しました。ですが、効果が高い分、脱毛する時に強い痛みがあります。これを知って選択をしてください。サロンで使う脱毛機器は光を当てる光脱毛ですが、クリニックで使うものはレーザーで医療レーザー脱毛です。かなり強い力で毛根を破壊するので痛みが伴います。クリニックへ行くデメリットには金額面意外にもこの痛みがあります。
一番効果的な脱毛はクリニックのレーザー脱毛ですが、金額が高く痛みが伴います。実際、痛みが強いので、サロンで脱毛を行っている方もいます。何を一番優先させるのかしっかりと考えてから脱毛をするのが一番大事ですね。

自宅にいながら脱毛!美肌を目指すコツ!!

自宅にいても手軽に脱毛できます。家庭用脱毛器具を使用すれば費用も抑えられますね。自分の時間で処理ができることも大きなメリットです。こちらでは家庭用脱毛器具の使い方と肌トラブルを避けるコツ、注意点をまとめました。

家庭用脱毛器の使用方法

使い方を間違えてしまうと肌トラブルの原因になってしまいます。購入した際は、取扱説明書を読み、しっかり用法を守るようにしましょう。
光タイプとレーザータイプがあります。仕組みは同じですので毛根の黒い部分にダメージを与えて脱毛を行う種類です。
初回は低いレベルからスタートするようにしましょう。脱毛したい部位に脱毛器のヘッドを押し当てて照射します。
照射の際には、まんべんなく当てることを意識するようにしましょう。家庭用脱毛器具ですので時間をかけてゆっくり丁寧にするように心がけましょう。

家庭用脱毛器を使うコツ

いきなり照射レベルを最大にすると肌トラブルに見舞われる可能性があります。低いレベルからスタートし、痛みを感じないと実感した後に照射レベルを上げていきます
ムラなく照射するには、時間をかける必要があります。照射できていない部分の毛は残ってしまいますので、丁寧にゆっくりと行うことがコツです。
使用する前には必ず保冷剤で肌を冷やしてから脱毛器の光を当てていきましょう。
使用後は必ずお肌のケアが必要です。脱毛器を使った後は肌が痛んで乾燥しています。そのままにしてしまうと肌荒れやニキビの原因になりますので使用した後は保湿をすることを心がけてください。

家庭用脱毛器具の注意事項

脱毛器を使用する際には、脱毛する部位のムダ毛処理をする必要があります。カミソリなどで処理する場合、お肌を傷つけないようにゆっくりと処理を行いましょう。処理は直前よりも前日にやっておくことをおすすめします。直前だと照射した際に光が反応しない場合があります。
光脱毛器を使用するならばサングラスをかけるようにしましょう。しっかりまんべんなく光を当てることを意識すると自然と顔を近づけますよね。目を保護することも必要になってきます。
一般的に期待効果が現れるのは3カ月程度と言われています。その間に日焼けを避けるようにしましょう。季節に関係なく脱毛中は紫外線をカットできるようにしなければいけません。日焼けをしてしまうと肌トラブルの原因になりますので注意が必要です。

脱毛に費用を抑えたい方、時間がない方は家庭用で処理

サロンやクリニックに通うと全身脱毛の場合数十万円の費用がかかります。家庭用脱毛であれば数万円で費用を抑えられる上に、自分の好きな時間で処理できるのが魅力ですね。肌トラブルになった場合は自分自身で処理しないといけませんので、注意しながら美肌を目指しましょう!

参考サイト:https://kaonoke.com/