トリマーを使って細かなところまで脱毛していこう

あなたは、どんな方法で脱毛をしていますか。中には脱毛サロンや脱毛クリニックでという女性もいるでしょう。でも多くは自己処理ということでしょう。ならば、より自己処理でもいろいろと使い分けや方法を知っておいた方がいいのです。

トリマーで細かな脱毛を

電気シェーバーで脱毛も一般的な方法です。太い毛などはこれで剃ることもできて便利です。広範囲ならいいのですが、産毛や細かな毛などの脱毛はしにくいとの声もあります。そんなときこそ、トリマーを使ってみるといいでしょう。
トリマーは太い毛にはあまり向いていませんが、産毛や細かな毛には向いています。顔の産毛や眉の手入れやアンダーでの細かな部分などにはトリマーを使って方が脱毛もしやすくて、また肌にも安心です。
あと、電気シェーバーも長く伸びすぎていると、なかなか剃りにくくなってしまいます。効果を得るためにも、まずは短くするのにトリマーが向いています。下準備として使うのもいいでしょう。

トリマーの選ぶときには

トリマーと一口にいっても、たとえば顔専用のトリマーがあります。これは顔の産毛に使ったり、また眉毛を整えるのにも使えたりします。
そして、ボディ用のトリマーがあります。この場合には、T字型をしていて、剃るための操作はしやすくなっています。
顔用のものだと、I字型をしていて、顔は剃りやすくボディでは少し使いにくくなったりしています。
形で操作や部位の適所も変わってくるので、それも考慮して選ぶようにしましょう。
中には電気シェーバーに付属品としてついているトリマーもありますが下準備としてのものなので、最後は電気シェーバーでキレイにしましょう。

トリマーを使ったあとの肌ケアは

トリマーは、手軽に使えて細目の毛を剃るのに最適です。使ったあとも基本的には肌ケアも必要ではありません。
深剃りもできませんので、やはりトリマーだけでは、体中の毛の脱毛は不可能です。
やはり電気シェーバーなど、他の脱毛方法と組み合わせて使った方が向いていると言える脱毛方法といえるでしょう。

関連記事です▼